ナチュラルにみせかけてガッツリと

meiku
私自身、一重で目が小さくてコンプレックスなのですが、そんな私でも目が大きく見えるアイメイクをご紹介します。

まず、アイシャドウですね。

人により何色使うかはそれぞれだと思いますが、最低でも2色使いましょう。

一色目は、ホワイトベースのラメがかっているものを使います。

これを人差し指の腹にとり、アイホール全体にまんべんなく塗ります。

眉毛に近いところは気持ち厚めに塗っても大丈夫です。

何色かでグラデーションする人も、普段単色の人も、一番睫毛に近いところに色を塗るときに注意してほしいのが、塗ったときにあまり幅が広がらないこと。

二重の人は二重幅からはみ出さないように、一重の人は目を開けたときに見えるのがだいたい一ミリくらいになるように塗りましょう。

最後に指で色をぼかしてアイシャドウは終了です。

次にアイラインです。

アイラインを太い幅でしっかり引いている人もいますが、それだとキツイ印象になってしまいますので、際ギリギリに引くのをお勧めします。

ただ際ギリギリに塗ればいいというわけではありません。

ポイントは、睫毛の間も(それこを粘膜を塗る勢いで)黒く塗っていくということです。

まず瞼にラインを引いたら、瞼を持ち上げて、塗られていないところを先ほど引いたラインよりはみ出さないように、睫毛の間を縫っていきます。

これだけでもだいぶ目が大きい印象になります。

最後に、涙袋です。最近は涙袋を作る勢いが主流ですが、私は涙袋があまりないのでそこまで作りこみません。

もちろん、ある人は丁寧に仕上げましょう。

涙袋がないと悩んでいる人は、した瞼目頭の方から三分の二程度まで、涙袋用のラメを引きましょう。

その時にした睫毛の眼球ギリギリの位置に塗るのがポイントです。

アッカンベーをするみたいに引っ張ってぬるとうまくいきます。

最後に、残った三分の一のスペースに、アイシャドウを引きます。

濃い目の茶色がおすすめです。

した睫毛に塗るようなイメージで目の際ギリギリにぬってから、目じりとアイシャドウの間を埋めます。

この目じりのシャドウが大切です。

私はいつもこのメイクをしているのですが、スッピンと別人とよく言われます。

もちろん睫毛も大事ですから、これで満足せずに睫毛もきちんとメイクしましょう。

とれない、ばれにくいメザイクの使い方

hrhgergr

そもそも「メザイク」ってよく聞くけど実際どう使うの?難しそうだしバレやすそう…
そんな不安はもちろんあるかと思いますが、数ある二重商品の中でも一番自然な二重が作れると思っています。
ここでは個人的におすすめの使い方をご紹介したいと思います!

メザイクで二重になる仕組みは、ファイバー状の細いテープを瞼に食い込ませ
それによって瞼の皮膚を織り込み二重にする、というものです。
よく美容整形のサイトで埋没法という二重手術があると思いますが、そこに載っている方法を手術ではなくメザイクでしてしまおう!ということなのです。

二重もいうなら「皺」なのです。
まず、メザイクのイメージとしては伸びーる両面テープだと思ってください。
ひっぱると伸びます。結構伸びますので、糸ぐらいまで伸ばせます。
そして当たり前ですが、その細さ、ばれにくさと強度は反比例します。
ただちょっとしたコツで綺麗につけることができます!

それには下準備から。私は寝る前に100均で売っている二重テープを貼って寝ます。
これで皺の癖づけをしておきます。
そして翌日のメイクですが、瞼には極力クリームなど油分は避け、ファンデーションも避けて塗ります。
これで下準備完了です。

まず、二重線にうすーくほそーく、のりタイプのアイプチを塗ります。
そして半乾きになったところでプッシャーで軽くおして二重線を固定します。
その上から、適度に伸ばしたメザイクを食い込ませます。
この時、目頭部分を固定しながら目じりに向けて強めに食い込ませると綺麗にいく気がします。
(真ん中からいくと目頭部分がよれやすい気がします。)

線が出来たら、端を切りますがこの時のポイントとして
リボンのように斜めにカットをします。切り方もまつ毛側を長く、瞼側を短く切ります。
そして端が剥がれないように、上から透明タイプのアイプチを塗り固定します。
これで上からメイクをすればかなり自然な二重ができあがります!

きれいにアイプチでぱっちり二重をつくるコツ

meiku

私は小さい頃から一重で厚ぼったいまぶたに悩んできました。

 

鏡の中の私は目つきが悪くて、なんでそんな怒ってるの?

 

なんて言われたこともたくさんあります。

 

怒ってなんていないのにそう見えてしまうみたいです…。

 

ですが、アイプチに出会ってからはぱっちり二重が手に入りました!初めは下手くそでしたが、中学生の頃から毎日つけているのでかなり上手くなりました。

 

私が気にしているアイプチをつける時のコツについてご紹介します!

 

まず、アイプチをつけるときには、まぶたの油分はなるべく拭うようにします。

 

ティッシュで軽くオフすると良いですね。

 

そしてアイシャドウを入れます。アイシャドウは、できれば入れない方が綺麗にアイプチの液が乗りますが、でも入れたいものですよね。

 

なるべくアイシャドウは薄く入れます。

 

ナチュラルなブラウンがおすすめです。

 
そして、アイプチの液をつけます。

 

アイプチの液は、なるべく薄く薄く、丁寧に塗っていきます。

 

ここが一番難しいのですが、厚めに塗ると失敗します。

 

そして、手で扇いで少し乾かしてから、二重をつくります。

 
これで、私は毎日きれいに二重を作っています!コンプレックスが無くなってすごく気が楽になりました。

 

アイプチは一時的なものですが永久的な二重にしたい場合はナイトアイボーテを使ってみて下さい。

 

みなさんも、きれいにアイプチが作れますように。

いかにアイプチを目立たなくさせるか

0-20

私自身、幼いときから自分が一重だということにずっとコンプレックスを感じていました。
中学生になり少しずつメイクをしたりするようになりアイプチデビューをしました。
始めのうちはうまく使いこなせずまぶたがくっつきすぎて不自然になったりしてました。
いろいろ試行錯誤しながらまずはアイメイクをすべて終わらせてからアイプチをした方がアイプチが目立たなくなることに気がつきました。
その後アイテープやメザイクなどより自然に二重にするアイテムも増えてきましたが、私の一重は頑固でまぶたがとても重いのでとてもアイテープやメザイクでは二重にはなりませんでした。
そこで最終的に私がたどり着いたのはアイテープ×つけまつげでした。つけまつげといっても芯が固いもの限定です。
芯が固いものを選ぶと芯がまぶたを持ち上げてくれるのでアイテープだけでは二重にならなかったまぶたも自然な二重まぶたに仕上がるようになりました。
二重にするためのアイテムはたくさんありますがどれだけ評判のいいものを使っても自分に合ってなければ意味がないので最終的にはいろいろ試して試行錯誤しながら自分にあった二重作りをしていくのが一番なのではないかと私は思います。